プロフィール

ゆり

Author:ゆり
はなわゆりの恋愛小説ブログへ
ようこそ!!


ちょっとエッチな恋愛小説を
書いてみました。

あくまで純愛小説です♪

Yブログが本館ですが、ファン限定記事が多いため、
こちらのブログを設置致しました♡


こころゆくまでご堪能ください♡

連載小説一覧

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

↓ランキング参加中です。

↑現在1位♡♡ 皆様の応援がうれしいです♡ 毎日更新目指しますので これからもよろしくおねがいします。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                       
dai19wa



                                       第1話から読む方はコチラ

ayano-19



「そうなんだ・・・。じゃ、栗ちゃんを・・・コレ?」


「あんっ♥こらっ」


「さっきちっとも触れなかったもん。生栗ちゃんだぁ~。すげー」


「うーん、そこも、もういいよ。自分でする」


「なんでだよぉ」


カズマは、さっき私がしたようにシャワーで泡を流すと、私の前に膝をついた。


「舐めていい?」

「やだ・・・」



一度深くイッた後なので、そんな事されても感じないと思った。

手で隠したが、カズマはそれを払いのけ、私を無視し顔を近づける。


「やだ。恥ずかしい・・・」


お風呂場の電気は 体の隅々まで見える明るさだ。


カズマは舌を伸ばし、一番敏感な部分をペロリと舐めた。


「い・いや・・・やめて・・・」


構わずに 今度は口の中にそれを入れて舌で転がす。


「あっんん・・・ぃゃっ」



口から出る言葉とは反対に、もっとカズマが舐めやすいようにと腰を前に出した。

それに気を良くしたのか、カズマは私の左の腿を自分の肩に乗せて

鼻を繁みに埋めて舐めまわした。

思考が薄れてきて、カズマの舌の感触が、また私の子宮を揺らし始める。


「はっぁ・・・ぁぁぁ・・・」

愛おしげにカズマの髪の毛をなで、地肌を手に持った。

シャワーの水が勢い良く私の肩にかかり続けているので

私はバランスを保ちながら、後手でコックを捻り止めた。

またイキそうになっている自分に驚いた。

ザラザラとした熱い舌がとてもとても、とても気持ち良い。


「カズマ・・・駄目よ・・・私、イっちゃいそう・・・やめて・・・」


さっきのカズマみたいに上ずった声で言った。

カズマは驚いた顔を上げ


「なんで?イッたらいいじゃん。イっていいよ・・・」



と言って、指を挿入した。


「あっ   そ・そんな事されたら・・・ホントにイッちゃうょ・・・」


これじゃ、さっきの逆じゃない・・・


「そんなに気持ち良いの?ぅゎ・・・中からまた水が出て来たよ。すげぇ」


私とは裏腹にカズマは冷静なようだ。


「そっか。だから洗わなくていいんだ。ふーん・・・そっかぁ」


と言いながら まるで実験の様に指を入れたり出したりする。


「カズマ・・・さっきの・・・して」


指の出し入れに興味を注いだカズマにお願いをした。


「え・何? あ 舐めて欲しいの?」

「  ぅん・・・」



恥ずかしさのあまり、声が小さくなる。

再びカズマは 指を入れたままザラザラした舌で敏感な部分を包んだ。

そして舌を動かして、刺激を強くする。


「ぁぁぁ・・・それ・・・上手・・・ねぇ、吸ってぇ」


ズズッと音を出して、順応なカズマが吸った。


「ぁはあぁっ」


膝がガクガクしてきた。太ももがブルブル震えてる。


「あぁっアタシ・イキソ・カズマ、イキそうっ」


それと同時にカズマは激しく指を根元まで入れかき回した。

なんて上手いんだろう。初めての癖に。


「んっあああああんっイク。イッちゃうぅっっ」


イク時に声を出すと気持ちよさが何倍にもなる気がする。

のけぞった全身がビクビクと痙攣した。






                                       第20話へ
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 第20話 筋肉痛 | ホーム | 第18話 月光 >>

コメント

Yブログのランキングバナーが不正だと思います。小説ブログとあったので、どこかの小説ブログにとぶかと思えばランキングバナーだったので、驚きました。あれは不正な誘導バナー(誤解によるクリック誘導)です。表示を変えられた方がいいと思います。

えりさんへ_紛らわしいようですが・・・ブログ村のテキストリンクのサンプルをそのまま貼っただけなんです・・・。クスン・・・。
19話まで読んでくださってありがとうございます♪またいらしてくださいね。

えりさんへ コメントありがとうございました♪

本館では現在新作公開中です。
あ、あさってからバカンスで少々中断しちゃうけど♡
本館も6話以降ファン限定にしていて読めないので、はやくこっちでもアップしなきゃ~~~♡

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。