FC2ブログ

プロフィール

ゆり

Author:ゆり
はなわゆりの恋愛小説ブログへ
ようこそ!!


ちょっとエッチな恋愛小説を
書いてみました。

あくまで純愛小説です♪

Yブログが本館ですが、ファン限定記事が多いため、
こちらのブログを設置致しました♡


こころゆくまでご堪能ください♡

連載小説一覧

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

↓ランキング参加中です。

↑現在1位♡♡ 皆様の応援がうれしいです♡ 毎日更新目指しますので これからもよろしくおねがいします。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kira-10


                                      第1話から読む方はコチラ



「でさぁ、そのデブ、包丁持ってきて。結婚して!とか抜かすの。

あんたのせいで旦那と別れたのよ!責任取りなさいよ。って」



クミはただぼんやりとハルトの演説に耳を傾けて、簡単な相槌を打った。


「知らねっつの。ね?思わない?

俺そんな事頼んでないのにさ。ホテルから逃げたのなんのって。

久しぶりに全力疾走したんだよね。あん時。マジ怖かった

その後?知らない。だって俺本名じゃなかったし。

家も教えてないし。携帯解約して、それきり。

ホスト?なれって?嫌だよ。スカウトはされるけど・・・

言ったでしょ。俺は素人の真面目な人妻がいいの

あの本屋でバイトして良かったよ。こうしてクミと知り合えたもん。

言っとくけどあそこで他に手出してないよ。クミだけ。

クミ、俺の事好きだったでしょ。顔に書いてたよ

いーや。書いてたね。目で分かるもん。あ゛-腕が疲れた。上、来て

いいなこの胸。人妻で細くて胸が大きいなんて、マジ最高♪

子供のいる女は、何か駄目なんだよね・・・

だから、クミは俺の最高の恋人だよ」




一体何人の女がいるの?そして私はハルトの何番目なの?


聞きたいのに、それには触れてはいけないと思った。


「私、セフレじゃないの?」


「下品な事言うなよぉ。もちろんクミの事好きだよ。え、何?

クミは俺の事好きじゃないの?

好きじゃないのにセックスしちゃう軽い女なの?」



「だって・・・彼女が」


「ミカがいちゃ、嫌なの?だったら別れたっていいよ」


「私と?」


「違うよクミじゃなくって。ミカと。他の女とも」



そんな・・・と言いかけた時、ハルトは媚びた声を出した。


「でもさ・・・クミは俺と毎日できないじゃん。

俺は【金曜日だけの男】でしょ」




・・・ずるい・・・そんな言い方・・・



「その間、俺はどうしたらいい訳?

セックスが大好きなこの俺に我慢しろって言うの?」



・・・ずるい・・・こんな腰の動かし方。


あぁまた・・・どうしてそんなに、私の体が分かるの?




「毎日発射しないと気が済まない特殊体質なんだよね。

セックスしない日は、自分でちゃんとするし」



クミの膝の裏に再び汗が滲み、ハルトが腰を強く掴み自分に擦りつける。


「クミが毎日俺とやってくれるんなら、ミカとはすぐに別れられるよ」



でも、そのズルさが好き・・・悪い所が・・・いい・・・


クミは遠吠えをする狼みたいに、ハルトの肩を掴み顔を上げた。



「他にも手出さない。誓える」


「ハルト・・・いい・・・すごく・・・気持ち良い」




自分の意思で腰を大胆に動かし始めたクミの乳房を またハルトが強く握った。


「もっと声出せって」


クミにとって、ハルトの声は催眠術師みたいに効く。


言葉通りに、声をあげ体を動かして、熱くする。


「頭がおかしくなっちゃう・・・・」


「なれなれ。狂ってしまえ」



とんでもない男だわ


クミは、イク度に怖くなる。ハルトから離れられなくなる自分が怖くなる。




↑小説部門 なんと2位♡ 信じられない♡
皆様いつも応援ありがとうございます♡

これからもよろしくお願いします♡ ここをポチ♡


                                       第11話へ
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 第11話 禁断の場所 | ホーム | 第9話 だーい好き >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。