FC2ブログ

プロフィール

ゆり

Author:ゆり
はなわゆりの恋愛小説ブログへ
ようこそ!!


ちょっとエッチな恋愛小説を
書いてみました。

あくまで純愛小説です♪

Yブログが本館ですが、ファン限定記事が多いため、
こちらのブログを設置致しました♡


こころゆくまでご堪能ください♡

連載小説一覧

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

↓ランキング参加中です。

↑現在1位♡♡ 皆様の応援がうれしいです♡ 毎日更新目指しますので これからもよろしくおねがいします。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kira-17wa


                                      第1話から読む方はコチラ


前回の金曜日の帰りに、ハルトの日焼けの訳は土日に行くサーフィンと

ウェットスーツの跡が嫌で、日焼けサロンに通っている為だと知った。

それとセックスだけでなく、ハルトはバイクと車も好きな事も知り

高校の時にサーファーとバイクに乗る男の子に憧れていた事を思い出したクミは

思わぬ所で自分の願望が一つ叶った事に嬉しくなった。

クミのマンションから少し離れた、人通りの少ない裏道路で別れ

これからの待ち合わせは、その場所にする事にした。



次の金曜日は、クミがお願いした通り朝からハルトがバイクで迎えに来た。

誰かに見られやしないかと、ビクビクしていたが、幸い知ってる顔には

誰一人として逢わせる事なく、その場所にたどり着いたクミは

バイクにもたれかかり足を組んで、真剣な表情で本を読んでいるハルトを

しばらく遠くから眺めて、幸福にどっぷり浸かってから声をかけた。



「ハルト!」



顔を上げ微笑んだハルトは、本当に素敵で、ファッションのセンスも抜群だ。


なんて格好良いんだろう。嘘みたい・・・


ハルトが、更に微笑んで手を振る。

クミはブーツの音を鳴らしながら走って、ハルトの胸に飛び込んだ。


「おいおい。大胆だなぁ・・・」


と言いながら、ハルトもクミに軽いキスをした。


「だって・・・めっちゃ格好良いよ。ハルト」


「へへ。それがさ、こいつで来たのは間違いだった。死ぬほど寒い」


「ごめんねー私が頼んだから・・・」


「いいよ。俺も見せたかったし。でも、ホントに寒いから覚悟してね」



ハルトはヘルメットをクミに渡した。ピンクのそれは明らかに女物だ、

と思ったクミの顔が曇った。


何人の女がこれを被ったんだろう・・・



「何考えてる?これは妹の。ミカはちゃんと自分のを持ってるよ」


「ホントかしら」


クミはそう言ってから、ヘルメットを被った。



ミカ以外の人は?



「ヤキモチ?くだらねぇなぁ・・・」



ハルトがバイクに跨りエンジンをかけ、クミも後ろに跨り体をピッタリ

密着させる。



「どこに行くの?」


『今日はラブホじゃないけど、二人になれる所』


ハルトのメールに、ヘルメットを受け取るまでのクミはわくわくしていた。


「内緒。ついたらヤキモチなんて忘れちゃうよ」


歯がガチガチと言うくらいになって、やっとバイクが止まった。




レンガ貼りのワンルームマンションの前だ。

「ここ、どこ?」

クミは、甘い香水の匂いのするヘルメットを脱いでハルトに渡した。


「女神様に、俺からのクリスマスプレゼント」


「え?」


「ボーっとしてないで早く来いって。寒いじゃん」


エレベーターで最上階に向かった。12階だ。

ハルトは、芯まで冷えた為に震えながらクスクス笑っている。


「部屋、借りました!」


勢い良く角部屋のドアを開けて、ハルトが言った。


「ええ???」


「ここは、俺とクミだけの部屋」


「嘘・・・」


「嘘じゃないよ。早く入って」


フローリングの上に大きなベッドと小さな箱だけが置かれている天井の高い

部屋に入り、寒い寒い、と言ってハルトはダウンコートのままエアコンをつけた。





↑小説部門 なんと1位♡
皆様の応援が励みになります♡

これからもよろしくお願いします♡ ここをポチ♡


                                       第18話へ
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 第18話 選ばれし女 | ホーム | 第16話 気に入っている所 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。