プロフィール

ゆり

Author:ゆり
はなわゆりの恋愛小説ブログへ
ようこそ!!


ちょっとエッチな恋愛小説を
書いてみました。

あくまで純愛小説です♪

Yブログが本館ですが、ファン限定記事が多いため、
こちらのブログを設置致しました♡


こころゆくまでご堪能ください♡

連載小説一覧

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

↓ランキング参加中です。

↑現在1位♡♡ 皆様の応援がうれしいです♡ 毎日更新目指しますので これからもよろしくおねがいします。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kira-42wa

                                      第1話から読む方はコチラ




「縛られたいの?その方が燃える?」


クミは首を横に何度も振った。


「そう?じゃあエプロンのまま犯しちゃおうかな」

「お願いってば。やめて!!」

「やめたら怒る癖に。あ・・・っゴミ箱にティッシュが!!」


ハルトが見つけたティッシュは、クミの悦びの涙を吸い取っただけの残骸だ。


「やってない、とか言ってやってんじゃん!」

「違うの。違うの」


「何が違うんだよ。俺に嘘ばっかり言いやがって」


「やめて。お願いだから」

「俺、昨日も苦しくて眠れなかった。それなのにクミは」


ハルトはクミのパンティを横にずらして、昨夜クミが得られなかったモノを挿入し

自分の胸を本気で押す細い手首を握り、ベッドに強く押し戻した。


「いや!もういやなの!お願い」

「ひどいよ。最低だよ。また電源切ってるし」

「それは」


ハルトがクミの舌を激しく吸う。ぐいぐいと黒子が押し付けられる。

今までは、そんな事をされるとすぐに、喘いだ声を上げていたのに

閉ざしてしまった心のままでは、苦痛でしかない。


「いけよ。いつもみたいに。あの顔を見せろよ」


もうハルトの声も匂いも、クミを陶酔させなかった。

一欠けらの魔法も残っていない。

まだあるのは情だが、それさえこの行為で消えつつある。


どうしてこんな男に堕ちてしまったの?ピルまで飲むなんて・・・

馬鹿としか言いようが無い。



「なんで泣くの?泣きたいのは俺なのに」


クミがハルトを見上げると、涙を堪えるような苦痛に歪む顔があった。


「見るな」


ハルトは挿入したまま、クミの上に倒れこみ顔が見えないようにした。


こんなのハルトじゃない・・・

もっといつも自信満々で、高飛車で、陽気で、綺麗で、

そして残酷なサディストで



「ミカと別れるよ」

「やめて、そんな事」

「なんで?別れて欲しいだろ?他の女も切る」

「そんな事・・・駄目よ」

「だって、クミがおかしい。感じてない」

果ててもないのに、ハルトはクミから抜いた。


「アナルの方がいい?」

「違う、待って。話がしたいの」

「何の話?」

「昨日、ミカさんから電話があったの」

「へー」

「へーって!すごい剣幕で・・あぁっいややっやめてっ」

「やっぱこっちだったんだ?」

クミは、初めてハルトの前で感じる振りをした。

早く終わって欲しいが為に、ハルトの好きな顔をして、卑猥な声を上げた。








「ミカにこないだ携帯見られたんだよな。で何だって?」


終わってからクミのベッドへ二人で移動し、落ち着いてからハルトが口を開いた。


「ハルトと別れてって」

「マジウゼェ。あいつ、そんな事俺に一言も」

「殺すって。旦那にも話すって言われたわ」

「大丈夫口だけだから。まぁ旦那には話してくれてもいいけどさ」


笑うハルトの顔は綺麗だが、もうクミの胸はときめかない。

自分の突然の心変わりに、ハルトが可哀想で、憐れむ気持ちにもなる。

好きになる気持ちも抑えきれなかったが、醒めて行く気持ちも止められない。

一度深い呼吸をして気持ちを整え、クミは別れを言おうとした。


「ハルト、私」






↑小説部門 1位♡ のんびり逝ってます♡
皆様の応援が励みになります♡

これからもよろしくお願いします♡ ここをポチ♡


                                       第43話へ


スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 第43話 将来 | ホーム | 第41話 幸せの涙 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。