プロフィール

ゆり

Author:ゆり
はなわゆりの恋愛小説ブログへ
ようこそ!!


ちょっとエッチな恋愛小説を
書いてみました。

あくまで純愛小説です♪

Yブログが本館ですが、ファン限定記事が多いため、
こちらのブログを設置致しました♡


こころゆくまでご堪能ください♡

連載小説一覧

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

↓ランキング参加中です。

↑現在1位♡♡ 皆様の応援がうれしいです♡ 毎日更新目指しますので これからもよろしくおねがいします。

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kira-46wa

                                      第1話から読む方はコチラ





散々泣いたが、かかってきた電話でクミは本来の自分を取り戻した。

辞令を受け取ったばかりの興奮した夫からだった。


「やったよ!転勤だ!ニューヨークだ!!」

「本当?本当に?本当なの?」

「本当だよ。4月からいきなり支店長代理だって!!」


クミは頬を震わせて、また涙を流した。心なしかタカシの声も涙ぐんでいる。


「おめでとう!!!すごいわ・・・良かったね・・・」

「やっとクミの夢が叶えられる。もう会社で叫びそうだったよ」

「お祝いしなきゃね。ご馳走を作るわ。早く帰ってきてね」


どっちにしても、ハルトとは別れる運命だった・・・。

これでいいの。よね。



早々と帰ってきた夫の顔は、もう落ち着いていた。それどころか、いつもと何処か

様子が違う。背広を脱いだタカシはクミの肩を強く掴み、目を交互に見た。

クミは、その目の奥の色を何処かで見た気がした。


「引越し、どうする?」

「どうしたの?今すぐにでも行きたい。・・・ねぇ、痛いわ」

「別れられるのか?」

「えっ・・・」

「別れられるのか?あの男と」

「な・・・何の事?」

「いいんだよ。隠さなくても。もう全部許してる」



ハルトが告げたんだろうか。それとも・・・



「俺にはそれが出来る。忘れられる。今までの事も全部」


妻の夢を叶えた自分は、今こそ何をしても許されるクミの神になった、と

プレッシャーやコンプレックスから開放されて、タカシは笑みを浮かべた。


どうして笑うの?なんか怖い。

怒ってくれた方がまだ救われる。




タカシはしたかった事のきっかけを作る為だけに かまをかけたのだが

狼狽するクミの顔で疑いは本当だったと知った。

猛烈に嫉妬心が湧き、こらえていた本当の気持ちが噴き始める。


「俺にも隠してた事がある。知りたいか?」

「知りたい。タカシの事、全部教えて」



 ―とうとう始まるのね―    教えてやるよ。本当の俺を今すぐにな。



「俺達やりなおそう。初めから」








タカシがネクタイを外し、反射的に受け取ろうと出した手首にそれが巻かれた。








「だけどその前に」













「悪い嫁には、お仕置きが必要だな」














俺が本屋で働いてた時、こんな事が好きな男だなんて思った?


あの部屋での、縄を掛けながらの、いつかのハルトの声が甦る。


だろ?普通の仮面被って、実は変態な奴多いはずだよ。

クミだって、最初は嫌がってたけど、今はもう普通じゃ満足できないだろ?


あの本の、縄で縛られ恍惚の表情を浮かべた女の顔が、自分に重なる。

興味本位だったハルトと違い、夫は麻の縄でクミを強く縛り上げた。


もっと打って。私みたいな女、本物の鞭で強く打たれたっていい。

体がハルトを忘れられない。きっと永遠に。甘んじてその罰を受けます―


そうだよ。その顔だよ。俺に怯え、許してと懇願する顔がずっと見たかった。












妹を帰したハルトは、二人が愛憎に溺れるうちに忘れてしまった

クリスマスの頃に買った花が枯れている姿を もう一度確認した。


「可哀想に」


クミに例えた花が、堕ちてくるのを待ち続け、与えられなかったきらきらとした

滴の代わりに、投げて返されたアンクレットを 彼はそっと巻きつけた。









                       完




↑小説部門 1位♡ うれしいです。
皆様の応援が励みになります♡

これからもよろしくお願いします♡ ここをポチ♡


きらきら堕ちるは完結しました。
長い間ご愛読ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。


                          はなわゆり


スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

<< 第46話 枯れた花 エピローグ | ホーム | 第45話 アンクレット >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。